日本正規品 朝堀り 大粒 日本未入荷 3パック 冷凍しじみ3kg

朝堀り・大粒 冷凍しじみ3kg(3パック)

1540円 朝堀り・大粒 冷凍しじみ3kg(3パック) 食品 魚介類、海産物 貝類 ●日本正規品● 朝堀り 大粒 3パック 冷凍しじみ3kg ●日本正規品● 朝堀り 大粒 3パック 冷凍しじみ3kg coombefamily.com,食品 , 魚介類、海産物 , 貝類,朝堀り・大粒 冷凍しじみ3kg(3パック),1540円,/exognathion370032.html coombefamily.com,食品 , 魚介類、海産物 , 貝類,朝堀り・大粒 冷凍しじみ3kg(3パック),1540円,/exognathion370032.html 1540円 朝堀り・大粒 冷凍しじみ3kg(3パック) 食品 魚介類、海産物 貝類

1540円

朝堀り・大粒 冷凍しじみ3kg(3パック)

【年末大特価期間限定10%OFF】
今回ご案内するシジミは、海水と淡水が交じり合う栄養豊かな汽水域の湖底の栄養をたっぷりとって育った最高品質のシジミのなかから、特に大柄で身がふっくらと太ったものを厳選しております。


内容量:1kg/パック×3パック 
(便利なチャックつき袋入り)
産地:ロシア沿海州
加工地:日本国内にて砂だし、選別、凍結しております。
保存方法:冷凍庫にて保管してください。
賞味期限:お届けから半年以上
発送方法:ヤマト運輸宅急便(冷凍)
発送:受注より3-4営業日以内に発送します。
食べ方:お召し上がりの際は、冷凍のまま軽く水あらいし、シジミの重量に対して1〜1.5倍程度の水で煮てください。

【出荷通知メールについて】
金・土曜日のご注文については出荷通知メールの返信を、翌週月曜以降とさせていただきます。ご了承よろしくお願いいたします。

【配達指定日について】
配達指定がある際はご注文手続きにて日付をご指定ください。
指定がない場合は準備でき次第随時発送させていただきます。
ご了承よろしくお願いいたします。

  • ストアトップ
  • カートを見る
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 商品一覧
  • お買い物ガイド
  • お問い合わせ 最高品質のシジミのなかから、特に大柄で身がふっくらと太ったものを厳選しております。

    肝機能、新陳代謝改善に効果が高いとされるシジミですが、実際に効果が高く、エキスが濃いのは殻が黒いヤマトシジミです。
    お支払い方法
    クレジットカード決済、商品代引き、銀行振込、コンビニ払いがご利用いただけます。
    返品・キャンセルについて
    ・返品:不良品は良品と交換いたします。
    ・返品期限:納品日より7日以内。食品のため、不良品以外の返品は不可。
    ・返品送料:不良品交換に限り当社負担。
    配送・送料
    送料:1320円(税込)
    ※送料込の商品をご購入の際は送料が含まれているため送料はかかりません。

    ※海外への発送は承っておりません。
    ※沖縄・離島に関しては2,100円(税込)になります。
    ※離島に関しては追加送料の記載をさせていただいた合計金額にて訂正メールをお送りさせていただきますので 、恐れ入りますが、予めご了承ください。
    ※15,000円(税込)以上お買い上げの方は送料無料とさせていただきます。
    ※送料はお客さま負担となりますのでご注意ください。
    ※送料込の商品の場合は送料が含まれているため送料はかかりません。
    ※発送はクール便になります。
    ※発送:発送は受注後、4-5日後を予定しておりますが、在庫状況により遅れる場合がございます。
    遅れる場合は、メールにてご連絡申し上げます。
    配達日時について
    お届けはご注文を受けてから1週間以内にさせていただきます。
    配送日のご指定は 5営業日以降でお願いします。【土日・祝日 休業】 (金曜日AM11時以降の受注受付は月曜日となります。ご了承願います。) ・年末年始、ゴールデンウィーク、お盆時期は配送が遅れることがございますのでご了承ください。
    個人情報の取り扱いについて
    「井出商店」(以下、「当社」といいます)ではお客様に当社をご利用していただく際に、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどお取引やご連絡に必要な情報を開示していただきます。当社は、個人情報保護法を順守し、このプライバシーポリシーにのっとって個人情報を取り扱います。詳しくはこちらをご確認ください。

朝堀り・大粒 冷凍しじみ3kg(3パック)

殻の大きさは見込みどおりでした。身が痩せていて、大きさの割りに食べるところが少ない。 また、大きいシジミほど死んで開かないものが多く、少し残念。でも、安いので納得はしてます。
とてもおいしく、いただきまた。ただ、配達された時冷凍が足りなかったのか、伝票がべちゃべちゃでした。運送屋のミスと思います。すぐ家の冷凍庫にマイナス18度c以下で保存したんですが、後で食べたしじみは、3・4割湯がいても口を開けませんでした。しかし、とても美味しいかったので、また注文しました!
実家に3キロ送ったところ大変喜ばれました。大きくてなおかつ冷凍なので保存が効くので良かったようです。生きたたま冷凍すると旨味が凝縮して美味しくなるそうです。今度は自分の分も注文しようと思います。
今回初めて購入しましたが、冷凍でも固まって無く粒毎にポロポロ解れます。 各パック毎にジプロック見たいに封が出来て使い勝手も良いです。 味噌汁にしましたが大粒なので食べ応えも有り美味しかったです。 リピート間違えなしです♪

2020年12月25日金曜日

今年印象に残ったクリスマス・デコレーション

今年印象に残ったクリスマス・デコレーションは

 バークレー・スクエアで見た建物全体がツリーになったもの。

キリストの生誕 生まれたのは馬小屋でなく牛小屋

クリスマス・シーズンになると、あちこちでよく見かける「キリスト生誕」の絵。正確には降誕(the nativity)と言うらしいです。ヘロデ王の時代、人口調査のために、ヨセフは身重の許婚のマリアと共にナザレの町から故郷のベツレヘムに帰ります。その時マリアが産気付き、家が混んでいたため、家畜小屋でイエスを生み、飼い葉桶にイエスを寝かせました。このシーンには、牛・ロバ・羊が登場します。生まれた場所は、馬小屋ではなく、牛小屋だったみたいです。ロバはマリアが乗ってきたもので、羊は羊飼いが連れてきたものでしょう。

ナショナル・ギャラリーにあるボッチチェリの「神秘の生誕」。天使が羊飼いに救世主が生まれたことを伝えたので、彼らも生まれたばかりのイエスを訪ねてきます。また、当方の三博士が、星に導かれてイエスを礼拝しに訪れ、黄金・乳香・没薬を渡します。・・・というお話を頭に入れて、宗教画を見ましょう。

キリストの生涯

ロンドン・ナショナル・ギャラリーの絵を使ってキリストの生涯についてまとめてみました。
大天使ガブリエル(左)がマリアのもとに来て、神の子を身ごもることを告げます。

マリアはベツレヘムの宿屋の家畜小屋で男の子を出産します。赤ちゃんは飼葉桶に寝かされて、イエスと名づけられました。

その夜、ベツレヘムの近くで羊の夜番をしていた羊飼いたちのもとへ天使が現れ、メシアの誕生を告げました。彼らは早速ベツレヘムに向かい、誕生のお祝いを述べました。

未来のユダヤ王が誕生したという星の知らせを受けて、東方の3博士たちはエルサレムを訪れていました。そして星に導かれてベツレヘムにたどり着きます。彼らは、聖母に抱かれたキリストに、黄金、乳香、没薬を贈ります。

キリストの誕生から40日が経過して、マリアはキリストを抱き、ヨセフと共にエルサレムの神殿に赴きました。「救世主を見るだろう」と予言されたシメオンという男が来て、イエスを抱きました。

ユダヤのヘロデ王は「未来のユダヤ王誕生」の知らせに激怒して、ベツレヘム地方の2歳以下の男児を殺すよう命令しました。

「幼子を連れてエジプトへ逃れなさい」という天使のお告げにしたがって、マリアとヨセフはイエスを連れて、エジプトに避難しました。

ヘロデ王が亡くなると、イエスはイスラエルに帰ってきて、ナザレで成長しました。

12歳の時、過ぎ越しの祭りを祝うためにエルサレムに行きましたが、家族とはぐれてしまいました。両親がようやく神殿の中でイエスを見つけた時、彼はユダヤの学者たちと語り合っていました。

ヨハネの洗礼を受けにヨルダン川のほとりに向かいました。

洗礼の後、イエスは修行をしたり、奇跡を行ったりしました。ガラリアのカナという村の婚礼に行ったとき、ワインが足りなくなったので、甕に入った水をワインに変えました。

ユダヤの学者たちが、キリストの前に不義をはたらいて捕らえられた女を連れてきました。「この女は石打ちの刑でしょうか」。キリストは答えました。「あなた方の中で罪のないものが、まず石を投げなさい」。彼らは無言で帰って行きました。

マグダラのマリアの弟のラザロは死んでから4日たっていましたが、イエスが「ラザロ出てきなさい」と呼びかけると、全身を布に巻かれたラザロがよみがえりました。

マルタとマリアが家にイエスを迎え入れたとき、マルタはかいがいしく世話をしているのに、マリアはキリストの話を聞いているだけで手伝いません。文句を言うマルタに対し、イエスは神の言葉に耳を傾ける方が大切と言います。

イエスと弟子たちは過ぎ越しの祭りにエルサレムに入ります。神殿に行くとそこには両替商人の店や、巡礼が奉納するための羊や鳩を売る店でごった返していました。イエスは激しい怒りに駆られ、縄で鞭を作って、それをふるって屋台を叩き壊しました。

最後の晩餐の前にイエスは弟子たちの足を洗い始めました。足を洗うのは召使の仕事なので、ペテロは拒みましたが「あなたを洗わなければ私の仲間ではないことになる。」と言われ、「それでは足だけでなく、手も頭もお願いします。」と言い返しました。

過ぎ越しの祝いの食事が始まりました。イエスはパンをもって「食べなさい。これが私の体です」ワインをもって「これが私の血です」と弟子たちに言いました。食事の半ばに「あなた方の一人が私を売り渡すだろう」と言います。

晩餐の後、イエスはオリーヴ山に弟子のペテロ、ヤコブ、ヨハネとやってきました。イエスは天に向かって祈りました。弟子たちは眠り込んでいます。向こうからユダが兵士たちを引き連れてやってきます。

ゲツセマネの園で逮捕されたあと、大祭司カヤパの前で尋問にかけられ裁かれます。カヤパの背後にいる男たちがイエスに不利な証言をしますが、イエスは黙っていました。

ユダヤ人たちはキリストの身柄をユダヤのローマ総督ピラトのもとへ送り、最終決定を迫ります。ユダヤ人の圧力を無視できないピラトは手を洗ってかかわりのないことを示しました。

イエスは着衣をはがされて、柱に両手首を縛られて、鞭で打たれました。

ピラトは群衆の前に姿を現し、「この人を見よ(Ecce Homo)。あなた方が十字架につけるがよい。私には彼に罪は認められない。」と言いましたが、ユダヤ人の祭司たちには逆らえませんでした。

【KANGOL/カンゴール】ラインスウェットパンツ3,465円イエスは緋色の着物を着せられ、荊の冠を被せられました。イエスはピラトの公邸から処刑地のゴルゴダの丘まで十字架を背負わなければなりませんでした。鞭打ちなどで消耗していたイエスは何度もつまずき倒れました。ヴェロニカが彼の汗を拭っています。

悲しみを湛えたキリストの姿。


ゴルゴダの丘に辿り着いたイエスは兵士たちから衣を剥ぎ取られます。そして、十字架にかけられ、手足に釘を打たれています。

ピラトは「ナザレ人イエス、ユダヤ人の王」と書かれた札を十字架に添えました。イエスは天を見て「神よ、なぜ私をお見捨てになったのですか」と言いました。兵士が槍で脇腹を突き、イエスは絶命しました。

アリマタヤのヨセフが、遺体を引き取ることを許されました。彼らは磔の釘を抜き、十字架からキリストの遺骸を抱かえ下ろしました。それを見守っているのは聖母マリア、マグダラのマリア、聖ヨハネです。

死んだわが子を見て悲しむ聖母マリア。足元で悲しんでいるのはマグダラのマリア。

アリマタヤのヨセフとパリサイ人のニコデモは、ゴルゴダの丘の麓にある小さな園にある墓にイエスを運びました。

イエスが死んで3日目のことです。番兵たちはすっかり眠りこけている中、イエスは墓から立ち上がりました。

泣いていたマグダラのマリアが振り向くと、後ろにイエスがいました。駆け寄るマリアに「私に触ってはいけない(Noli me tangere)。まだ父のところに上がってはいないのだから」と言います。

復活の日、二人の弟子たちがエルサレム近郊のエマオ村へ向かいました。途中で一人の男に会います。日が暮れたころ村にたどり着いた弟子たちは、男を夕食に誘います。男が食卓でパンに祝福を与えて裂いて彼らに渡した時、二人はこれまで見えていなかった心の目が開き、彼がキリストであることを知りました。

使徒たちが戸を閉ざして集まっていたところにもキリストは現れましたが、トマスは居合わせませんでした。「脇腹の傷跡に指を差し入れてみるまで、私は信じない」と言っていたトマスの前に、8日後にキリストが現れ「さあ、指を差し込んでみなさい。私を見たから信ずるのか。幸いなのは見ないで信ずる者たちだ」と言いました。

復活から40日がたち、多くの人々の前に出現したキリストも天に召される時が近づいていました。オリーブ山の上、使徒たちが見守る中、キリストは天に昇って行きました。

2020年12月24日木曜日

クリスマス・ツリー

トラファルガー広場には毎年ノルウェーのオスロ市から送られるクリスマスツリーが立っています。飾りつけもノルウェー風らしく、地味ですね。

こちらはコベントガーデンのクリスマス・ツリー。ヨーロッパのクリスマス・ツリーは、モミの木(Abies Firma)ではなく、ドイツトウヒ(Picea Abies)が主流なのだそうです。

ヴィクトリア女王の旦那様であるアルバート殿下が、英国に初めてクリスマスツリーを飾るというドイツの習慣を伝えたのだそうです。

2020年10月31日土曜日

ハロウィン

10月31日はハロウィンです。

日本ではたくさんの人がコスプレを楽しむ日になっているみたいですが・・・。、

もともとは古代ケルト人の宗教行事で、

10月31日に死者の霊が家族を訪ねてくると信じられており、

悪霊から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いて過ごしました。

今は、くりぬいたカボチャの中に蝋燭を立てたジャック・オ・ランタンをつくり、

魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を訪ねて

 「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないと悪戯するよ)」と唱え、

もらったお菓子を持ち寄って

ハロウィン・パーティを開く、

楽しい日になっています。